ベビーオイルはベビー用?

43826039_480x480

ベビーオイルの材料は?

ベビーオイルと聞くと、赤ちゃん用のやさしいオイルというイメージがある

かもしれません。

昔、私もベビーオイルは植物オイルからできていると思っていました。

 

でも実は、ベビーオイルは鉱物油です。

 

 

鉱物油とは?

石油を原料として、合成・精製されたオイルです。

鉱物油は安価なので、多くの化粧品に使われています。

ミネラルオイルと表記されている油は、鉱物油です。

 

 

鉱物油は肌に悪いの?

肌は皮脂膜により保護されています。

外から鉱物油をぬりすぎてしまうと、正常な皮脂膜ができなくなり

乾燥したり、バリア機能が低下しちゃうんです。

 

皮脂膜を作っているのは、身体の中から分泌される油です。

結局、外から塗る油より、食事として取る油が大切です。

 

 

オイルは塗らなくていいの?

加齢で皮脂分量が減り、バリア機能が低下した場合、外から良質の植物オイルで保護

してあげると、肌の調子はよくなります。

しかし、皮脂分泌が盛んな赤ちゃんには、外からのオイルはいらないと思います。

一生懸命保湿したくて、鉱物油であるベビーオイルを塗ることは、かえって乾燥させ、

肌の調子を悪くすることになってしまいます。

 

 

もしオイルを塗るならどんなものがいい?

もしも、ベビーマッサージなどで、赤ちゃんにオイルの塗るのであれば

ベビーオイルではなく、良質な植物オイルを塗ってあげて下さい。

米ぬかオイル、オリーブオイル、ホホバオイルなどがよいと思います。

ベビーマッサージの先生をしている友人は、太白のゴマ油を使っていました。

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s

 

赤ちゃんのキレイな肌のために

肌は排出器官です。そして、あかちゃんは体内の排出する力が大人の私達よりも

パワフルです。

その為、あかちゃんは時に湿疹をだしたり、肌荒れを起こします。

でもそれは、キレイな肌になるための過程なんです。

それを邪魔せず、身体の力を信じることが、肌の機能を落とさないことに

繋がるとおもっています。

急がば回れですね。

 

まつい のりこ